特集ページ

あさ動物病院
獣医師 吉野 史

あさ動物病院は、経験をたくさん積ませてもらえる職場です。
広島県出身、北海道大学獣医学部卒業。あさ動物病院には2014年から勤めています。 現在のペットはちょっぴり凶暴な猫のみーちゃん、先輩獣医からもらった琉金ちゃんです。せっせと水換えに励んでいます。 座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」。何事も精一杯取り組むように心がけています。


獣医師になろうと思ったきっかけはどんなことですか?

広島の田舎に育ち、幼い頃から犬や猫が家にいるのが当たり前でした。その分、別れも経験して悲しいことがあり、なんでだろう、何ができたんだろうと思っていました。いろんな動物が好きで、生物学も好きで、獣医になるのは自然な流れだったように思います。が、決めたきっかけは高校生の時、家族に言われた「獣医さんになればいいじゃん!」の一言でした。

あさ動物病院で勤務をはじめた経緯を教えて下さい。

大学卒業後は関西の動物病院に勤務していましたが、家庭の事情もあり実家のある広島に帰ることにしました。実家から通える範囲で動物病院を探し、その中でも規模の大きなあさ動物病院を見学させてもらいました。とにかく経験を積みたい!と思っていたので診察件数も手術件数も多く、先輩獣医師がたくさん居るあさ動物病院に応募しました。

獣医師として心がけている事はなんですか?

動物は人と違って言葉を交わすことはできませんが、何かしらのメッセージを発してくれています。それに一番敏感なのはやっぱり飼い主様だと思います。お話をしていく中で動物のメッセージのヒントを探っていく、そして飼い主様が求めていらっしゃることは何か?ということを考えながら診察をさせて頂いています。獣医療としてのベストが必ずしも家族にとってのベストとは限りません。求められた中で一緒にベストを探していきたいと考えています。

獣医師の一日のスケジュールを教えて下さい。

診察開始前には入院やホテルの子の状態チェックと治療をします。
9時から12時は午前の診察、昼の間には手術と預かり検査や預かり治療の子たちの処置、16時から19時は午後の診察です。
診察時間内は、先輩獣医師たちは診察件数が多いため次々診察をしていきます。新人獣医師は先輩の診察の検査を手伝いながら検査や診断の技術を身につけていきます。手術は麻酔管理や術前準備などはもちろん、どんどん助手に入って指導してもらいます。
診察もまずは予防などから始めますが、迷う時にはすぐに先輩獣医師に相談できるので心強いです。

休みの日は何をしていますか?

お休みは週に2日もらえます。私は家族と過ごしたり、いろんなスポーツに挑戦したりしています。広島は山も海も充実しているので、ロードバイクでしまなみ海道や江田島をサイクリングしたり、宮島の厳島神社にSUP(スタンダップパドルボード)で参拝してみたり、冬にはスノーボードもします。カープの応援も大好きです。また、1年半くらい前からチェロも習い始めました。楽しいことはいくらでもあります! お休みを利用して勉強会に参加させてもらうこともしばしばです。

あさ動物病院でのやりがいや勤務して良かったと思うことを教えて下さい。

とにかく忙しい病院ですが、その分経験を積むことができます。少し前にはやったこともなかった事が一人で出来るようになったり、診断にたどり着いた時はとても成長実感があります。何よりも嬉しいのは飼い主様に納得していただけて、感謝のお言葉をもらった時です。 私が図々しいだけかもしれませんが、ありがたいことに職場の先輩やお姉様方とも年齢を気にする事なく楽しくお話しすることができています。

あさ動物病院に興味を持っている学生さんに一言メッセージをください。

大学生の時には基礎系の研究室でひたすら実験をしていました。臨床に直接繋がるものではないので、スタートは遠回りをした気分で焦った時期もありました。ただ、何をするにも遅すぎるということはないでしょうし、今となっては学生の時、あれだけ実験に一生懸命取り組んでおいてよかったなと自信に繋がっています。今やるべきこと、今しかできないことに精一杯取り組んだらいいと思います。 今後臨床をやりたいと思っているなら、経験を積める環境に身を置くのが良いと思います。まずは自分の目で実際に見てみることです。ぜひ見学にお越し下さい。


特集ページ

何より動物が好き。この仕事が好き。あさ動物病院スタッフからの新しい仲間に向けたメッセージを集めました。

Interview02

あさ動物病院 獣医師
吉野 史



© 2019 あさ動物病院